fc2ブログ








モンブランこっこ

2023年10月某日。
浜名湖・豊橋1泊旅行の途中で寄ったNEOPASA岡崎で
静岡銘菓「こっこ」の季節限定品「モンブランこっこ」を買いました。

231102_こっこ1

箱にもパッケージにも「マロンでびっくりトレビアーン」の文字。
「マロン(栗)」「びっくり」をかけているのかどうかは定かではありません。

231102_こっこ2

「モンブランこっこ」の生地には、厳選した玉子を使った蒸しケーキに
マロンペーストを入れたものを使っています。

231102_こっこ3

さらに中のクリームにもマロンペーストをたっぷり使用しており
栗好きにはたまらない豊かな風味を楽しみつつ美味しくいただきました。

231102_こっこ4

機会があればもう一つの秋限定商品「ほうじ茶こっこ」も食べてみたいです。
スポンサーサイト



[ 2023/12/28 00:25 ] 2023浜名湖・豊橋 | TB(0) | CM(0)

2023年浜名湖・豊橋1泊旅行(ボンとらや編)

2023年10月の浜名湖・豊橋1泊旅行の2日目。
豊橋名物の洋菓子を買いに、「ボンとらや」に立ち寄りました。

231015_ボンとらや1

ちょっと追いやられている感がありますが
店先では豊橋が誇る(?)ローカルスターのパネルがお出迎え。

231015_ボンとらや2

このお店は元々「とらや」という和菓子店で、
その後一宮市の「ボンボヌール」で修行した2代目が戻ったのに合わせて
洋菓子も扱う「ボンとらや」に店名を変更したのだそうです。

231016_ボンとらや1

今回買ったのは「ボンボヌール」「ファンシー」にルーツを持つ「ピレーネ」
一つ目は「ピレーネ バニラ」

231016_ボンとらや2

ふわっふわのスポンジ生地の中には特製生クリームがたっぷり。
食べ応えがあってかなり満足度の高い仕上がりです。

231016_ボンとらや3 231016_ボンとらや5

二つ目は「ピレーネ モンブラン」

231017_ボンとらや1

地元食材の新城八名栗を使った期間限定ピレーネは
モンブラン風味がしっかり感じられて美味。

231017_ボンとらや2 231017_ボンとらや4

最後は「ピレーネ ダブル」

231018_ボンとらや1

見た目はバニラとクリソツですが、中身は生クリームとカスタードの2層構造。
濃厚カスタードがピレーネに新たな魅力を加えています。

231018_ボンとらや2 231018_ボンとらや4

今回は3種類の「ピレーネ」を味わうことが出来たので
次回はどら焼きとか鬼まんじゅうとか買ってみようかな。


ボンとらや 本店
愛知県豊橋市羽田町66
[ 2023/12/21 23:55 ] 2023浜名湖・豊橋 | TB(0) | CM(0)

2023年浜名湖・豊橋1泊旅行(豊橋カレーうどん編)

2023年浜名湖・豊橋1泊旅行の2日目。
B級グルメで有名な豊橋カレーうどんが食べたくなったので
「めん処 清水庵」というお店に行ってきました。

231015_清水庵1

今回食べたのは「豊橋カレーうどん(カリカリチーズトッピング)」

231015_清水庵3

野菜が結構入っているのに加えて、
豊橋カレーうどんならではの食材であるうずら卵が乗っています。

231015_清水庵5

うどんはつるっとした喉越しでカレーがよく絡みます。
トッピングのカリカリチーズも美味しくて十分満足しましたが
このメニューにはまだ楽しみがありまして・・・

231015_清水庵7

うどんの下から出てきたのはとろろご飯!
出汁香るカレーと相性がいいのでどんどん胃袋に吸い込まれていきます。

231015_清水庵9

とろろご飯をカレーおじや的にいただいて最後まで美味しく完食。
空腹をしっかり満たすことが出来ました。

231015_清水庵10

調べてみるとお店によってカレーの雰囲気が異なるようなので
次回はもっとカレーが濃厚なタイプを味わってみたいです。


めん処 清水庵
愛知県豊橋市大清水町字娵田9-1
[ 2023/12/20 00:25 ] 2023浜名湖・豊橋 | TB(0) | CM(2)

2023年浜名湖・豊橋1泊旅行(のんほいパーク編)

2023年浜名湖・豊橋1泊旅行の2日目。
ランチのために三ヶ日町にある鰻の名店「うなぎ千草」へ車を走らせるも
駐車待ちの車が道路にはみ出るほどの混雑ぶりに入店を断念・・・

そこで三ヶ日町のもう一つの目的地「長坂養蜂場」に行って・・・

231015_長坂養蜂場2

「はちみつミルクソフトクリーム」で軽くお腹を満たして
ちょこっと買い物してから豊橋にある「のんほいパーク」へ移動しました。

231015_長坂養蜂場1

「長坂養蜂場」から「のんほいパーク」までは車で約30分。
お出かけしやすい季節ということもあってか、駐車場はかなり混んでいました。
まずは「局地動物館」でゴマフアザラシのお食事タイムや・・・

231015_のんほいパーク4

オウサマペンギン、ジェンツーペンギン、ミナミイワトビペンギンが戯れる姿を観察。

231015_のんほいパーク7

アジアゾウエリアでは鼻を使って器用に食事をしている姿を見ることができました。
また行く機会があったらビューイングシェルターから姿を間近で見てみたいものです。

231015_のんほいパーク10

レッサーパンダは2匹いましたが、どちらもなかなか止まらないので
自分も含めてカメラに収めようとする人が見事に翻弄されてしまいました。
それでも粘った甲斐あっていい感じの写真をGET。

231015_のんほいパーク17

すると遠くでもう一匹は電池切れみたいな姿に。これはこれで可愛らしい。

231015_のんほいパーク18

こちらはカワウソのお食事タイム。

231015_のんほいパーク13

バードエリアではフクロウをメインに観察。

231015_のんほいパーク32

シロフクロウとか・・・

231015_のんほいパーク26

本来の生息環境に近い環境で係留展示されている
メンフクロウ、ホンドフクロウなど色んな種類のフクロウを見ました。

231015_のんほいパーク29 231015_のんほいパーク31

百獣の王ライオンは近くで見ると流石の迫力。

231015_のんほいパーク34

チンパンジーは何か問題を抱えているかのような佇まい・・・

231015_のんほいパーク40

シロサイは何があったのかちょっとしたいざこざに・・・

231015_のんほいパーク45

長坂養蜂場のソフトクリームからだいぶ時間が空いたので園内のカフェで食事。
選択肢がほぼほぼ無かったのは予想外でしたが、美味しくいただきました。

231015_のんほいパーク48

その後は出入口に向かいつつ、カバの食事風景や二度目のライオンを見たりしました。

231015_のんほいパーク50

園内に展示されているデゴイチを見る頃には閉園まで残り30分となり・・・

231015_のんほいパーク60

クマが寝床に帰りたくなっていました(笑)

231015_のんほいパーク62

途中道に迷い気味になりつつも閉園ギリギリまで粘って、ほぼ漏れなく動物をチェック。
また行けたら植物園なども回ってみたいと思います。

231015_のんほいパーク63

この後は豊橋名物を買いに行ったり有名B級グルメの店を回りました。


長坂養蜂場
静岡県浜松市北区三ヶ日町下尾奈97-1


のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)
豊橋市大岩町字大穴1-238
[ 2023/12/19 00:30 ] 2023浜名湖・豊橋 | TB(0) | CM(0)

2023年浜名湖・豊橋1泊旅行(宿泊編)

2023年10月某日。
浜名湖方面へ1泊2日の旅行に行ってきました。

ランチは途中で立ち寄った新東名高速道路のNEOPASA岡崎でいただくことに。

231014_NEOPASA岡崎1

食べたのは「漁師食堂 三河丸」「しらす丼」

231014_NEOPASA岡崎2

もっと黄身がとろ~りとしていたらよかったですが
しらすの塩味にご飯が進んであっという間に完食してしまいました。

231014_NEOPASA岡崎5

NEOPASA岡崎からは途中寄り道をしつつ2時間ほどで
この日の宿「舘山寺サゴーロイヤルホテル」に到着。

231014_舘山寺サゴーロイヤルホテル5

夕飯は「海鮮グリルと個々盛り会席料理」をいただきました。
うなぎ蒲焼と牛串焼きが食べ放題で、飲み放題も付いている盛り沢山のプランです。

231014_舘山寺サゴーロイヤルホテル1

久々の生ビールを味わいながら、数々の食材を美味しくいただきました。

231014_舘山寺サゴーロイヤルホテル3

次の日の朝は温泉に浸かってから久々のバイキングに舌鼓。
2周してしっかりお腹を満たしてからチェックアウトしました。

231014_舘山寺サゴーロイヤルホテル4

その後は宿泊プランに付いていたチケットで浜名湖の遊覧船に乗ったり・・・

231015_浜名湖3

浜名湖畔の舘山に鎮座する愛宕神社や・・・

231015_浜名湖13

舘山寺などを見ながら散策しました。
ホテルで起きた時はかなりどんよりしていたのに、この頃にはすっかりいい天気に。

231015_浜名湖15

この後は浜名湖名物の鰻料理を食べに行きました。結局食べられなかったけど・・・
[ 2023/12/15 23:45 ] 2023浜名湖・豊橋 | TB(0) | CM(0)